So-net無料ブログ作成
検索選択

クレジットカードのあれこれ

クレジット カードを所有するためには審査が必要だ。
申込書に自身の個人情報を使ってカード会社に郵送して審査を受けるが、そこでいったい(一切)何を見られているということなのか?
カード会社は何を基準に私たちを評価しているクレジットカード現金化 違法ということなのか?

カード会社が頼るのは外部の個人情報センターカード会社は、基本的に三つの要素を重視している。 「安定した収入(輸入)」 「償還能力」 「明確な居住場所」の三つだ。 特に最後の「明確な居住場所」というのは、すなわち「素材不明」の憂慮がないのかを最後まで確認するのを示している。

「安定した収入(輸入)」= 「償還能力」とは違うということですね。
今までそのように考えていたが。 「安定した収入(輸入)」があっても、借入(差し入れ)がたくさんあってはいけません。 これという意味ですね。

実際にはカード会社は、より小審査をしてその人の信用水準を測っている。 その参考になることが申込書に記載された事項. すなわち、年齢、勤続年数、職種、勤め先の規模、研修、居住研修、住居形態、家族構成などの属性だ。
カード会社はその一つ一つに点数を作って、その現金化 仕組み点を合格可否の判定の参考にしている。

確かにこの属性に対してはうなずくことができる。 「明確な居住場所」というのは、年齢、勤続年数、職種、勤め先の規模、研修、居住研修、住居形態、家族構成などの属性、皆に合いますね。

しかし、申込書に記載された事項は全部自分報告で書かれた内容であり、客観的な信用情報だとするのは難しい。 そこでカード会社が頼ることが、外部の個人信用情報センターだ。 ここには過去の支払い履歴や借入(差し入れ)状況など、金融会社で情報が押し寄せる。 そのためにカード会社は真っ先に個人信用情報センターに照会を欠如する。

登録されている内容と違えば、(例を聞けば勤め先が特別ななど)正しく知ってしまう。 また、照会を件履歴も残るので、こちらあちらとクレジットカード現金化 詐欺申請をするのも望ましくない。

現在、この個人信用情報センターには「全国銀行個人信用情報センター」 「CIC」 「日本信用情報機構」の3機関があって、利用の履歴は毎月更新されている。  したがって、審査において最も重要な役割を皆行っていることがセンターの情報ということになる。

この個人信用情報センターに登録された情報は、クレジット リポート(CIC公開報告書)利用者自身で確認することができる。 推察されるところがないのに拒絶されたりした場合は、確認されてみる方がより良いだろう。 そこで違った情報が登録されているのを分かれば、手続をすれば変更も可能です。

クレジット リポートで支払って状況をチェックするCIC公開報告書には大きく分けて4個の情報が入れられている。
1.クレジット情報(契約年月日、契約の内容、支払い状況など)
2.分割払い情報(分割払い販売法の対象になる商品)
3.金融情報(キャッシング、カードローンなど)
4.配偶者属性(金融商品の中で配偶者の同意を得たこと)だ。
この中重要なのは1.ウイ「支払い状況」という項目で、「成約」ならば順調に償還中、「移動」ならば長期の延滞で危険という意味となる。
「入金状況」という項目は、過去2年間を逆らってのぼって記載されている。 その月の支払いが正常だったか、入金がなかったか、カードの利用がなかったか、などブラック融資okと表示されている。

いわゆるブラックなどど呼んでいることが、この長期の延滞で「移動」がついた状態だ。 また、この個人信用情報センターに照会をかけるのを、会社によっては移動情報、移動照会などだと呼んでいるのもあるが、それはここで来ている。

一方、2011年中にCICでは、クレジット カードの償還履歴を本人限定で、インターネット経由で提供する予定であるようだ。 こうすればわざわざ個人信用情報センタークレジットカード現金化 店舗に出て行って確認する必要がなくなって便利になる。 今からは米国のような程度にクレジット リポートが、個人の信用力を判定する基準になる日も遠くはないようだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。